アクアデオ 最安値 販売店

デリケートゾーンの臭いは食生活でも変わる?

デリケートゾーンの臭いが、なんと食生活でも変わるって本当?一見全く関係なさそうに見えますが、実は食生活に関係している部分もあるんです。

 

 

そこで、デリケートゾーンと食生活の関係について、確認してみましょう。

 

 

臭いと食生活

体臭が食生活で変化するのと同じで、デリケートゾーンの臭いも食生活で変化します。具体的に何を食べると臭いが強くなるか、何を食べると臭いが弱くなるか確認してみましょう。

 

 

臭いが強くなるもの

動物性タンパク質、つまり、肉類です。食生活の欧米化に伴い、日本人も肉類をよく食べるようになりました。欧米人は体臭が強いことで有名ですね。

 

 

 

 

他にも刺激が強い辛い食べ物、にんにく、チーズ、牛乳、アルコールなどがデリケートゾーンの臭いを強くする傾向にあります。ちなみに、食品添加物の摂りすぎも臭いが強くなると言われています。

 

 

臭いが弱くなるもの

食物繊維を含む、キャベツやごぼうなどの野菜、わかめなどの昆布。腸内環境を整える乳酸菌を含むヨーグルト。ポリフェノールを含む緑茶や大豆。梅干しやお酢などのアルカリ性食品など。ビタミンが豊富な野菜全般も良いようです。

 

 

まとめ

基本的には体臭が強くなるものは、デリケートゾーンの臭いも強くなると考えて良いでしょう。好みや食事の楽しみもあるため、できる範囲で臭いが強くなる食べ物を減らし、臭いが薄くなる食べ物を増やしてあげると良いのではないでしょうか。

 

 

アクアデオの使用とともに、食生活にも気を使ってみましょう。